軍配はどちらに?手作りVS市販品?ケーキ編

「別腹」という言葉がある。好物は満腹でも食べられるという意味だが、その対象となるのは甘いもの、特にケーキが多いようだ。

かくいう私もケーキには目がない。よくある苺のショートケーキなら一度に2つは食べるので、今日はケーキを食べよう、という日はまるごとホールで買って家族で分け合っている。とはいえ、ケーキの値段は直径15センチの5号サイズでも2000円以上、18センチの6号サイズでは3000円をゆうに超える。そうたびたびは買えないのが現実だ。

それなら自分で作ってしまえばいいのではないだろうか。市販品のケーキよりは安くできるのではないか。そう考えた私は早速材料を購入。手作りケーキにチャレンジしてみた。

買ったのは森永製菓の「モントン」1箱タカナシ乳業の「特選北海道純生クリーム47」200ccバナナキウイ。スポンジは卵や粉を自分で量って手作りしたことがあるのだが、固い上にパサパサなものしかできなかったので、スポンジケーキミックスの力を借りることにした。

家に帰って早速スポンジを焼く。卵と牛乳、「モントン」を混ぜる。泡立て作業が大変だが、ハンドミキサーの力を借りて付属の型に流し込むまで10分程度。160℃のオーブンで40分焼く。直径17センチのスポンジが焼き上がった。じゅうぶん冷めたところで、半分にカット。下半分のスポンジの上に泡立てた生クリームをのせ、バナナの輪切りをのせてまた生クリームをのせる。上半分のスポンジで挟んだら、残りの生クリームを塗っていく。上にはキウイバナナを飾って完成である。

焼き上がったスポンジを見たときは小さいと思ったが、できあがってみるとかなり食べ応えのある大きさだ。見た目こそケーキ屋のデコレーションケーキには及ばないが、味はなかなかのもの。何と言ってもふんわりと柔らかいスポンジが美味しい。多少割高だったかもしれないが、ミックス粉を使ってよかったと思う。

さて、問題のコストだが、これでなんと700円ちょっと。内訳は「モントン」が386円、生クリームは398円だが半額処分になっていたので199円、バナナは特売で一房78円、キウイは1個で78円。あとは卵が2個、牛乳が60ccだが、こちらは多めに見積もっても50円程度だろう。バナナは1本半しか使っていないので、せいぜい25円。すべて足すと738円。ハンドミキサーやオーブンの電気代、ボウルや泡立て器を洗う洗剤や水道代などモロモロ含めても1000円で十分おつりがくるだろう。

バナナやキウイの代わりに苺をのせたとしても、市販品の約1/3の値段で作れるのである。これからは誕生日も記念日もクリスマスも、手作りケーキで祝うことにしよう。いや、特別な日でなくても、ちょくちょく作ってモリモリ食べることにしよう。メタボにならない程度に。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック