ジャニーズ・オリキ用語【し】

ジャニーズファンの間で使われる「業界用語」。今日は「し」だ。

◆ジーニスト……1984年から開始された日本ジーンズメーカー協議会主催の「ベストジーニスト」。

木村拓哉、草なぎ剛が5回入賞(殿堂入り)し、それに続く亀梨和也がV3を飾るなど、ジャニーズタレントのためにあるといっても過言ではないベストジーニスト賞(日本ジーンズ協議会)。ジャニーズ事務所初戴冠は田原俊彦(1986年、第3回)だった。

なぜ、いつもジャニーズが上位を占めるのかと外野から雑音が聞こえはじめて久しいが、木村登場以降、毎年キープしてきた1位の座を、簡単には明渡して欲しくないと思うのはジャ二ーズファンの素直な気持ちであろう。

ただ、「東京スポーツ」(2008年9月4日付)では、「短足芸能人ランキング」という記事で、男性タレントでは圧倒的に木村拓哉がトップ。続いて嵐の松本潤、KATーTUNの亀梨和也など、ジャニーズタレントがランクインした。同紙では、「結局、ベストジーニストって『足が短くてもジーンズが似合う人』みたいなことになってない!?」などと冷やかし気味に結んでいる

◆時間外……夜10時以降のこと。この時間以降のおっかけは禁止だ。

◆時集……タレントたちが集合する時間のこと。

◆自称……自分がタレントのオキ二だと勘違いしている人のこと。「今日も○くんは私に微笑んでくれたし、コンサートのときもお手振りくれたんだ」などと、本気で思い込んでいるファン。こういう人は他のオリキからマジで嫌われるので注意。

◆しゃしゃる……でしゃばること。担当外についたり、受け取りだけ渡しに来たりする人に対して使われる。

◆ジャニー喜多川……1931年、アメリカのロサンジェルスで生まれた(そのほか34年生まれの日系2世という説もある)。本名は喜多川擴。父は喜多川諦道というお坊さんで、24年に世界1周の旅に出発。途中ロスの大師教会に立ち寄ったところ、当時の主監が急に帰国することになり、急遽、諦道民が第三代主監となる。アメリカ滞在はその後、9年間に渡り、その間に生まれたのがジャニー喜多川というのが最も有力な説だ。

 帰国後、喜多川一家は大阪で過ごし、ジャ二ーは朝鮮戦争に従軍。除隊後は駐留米軍の事務所で仕事をしながら、芸能界に足を踏み入れ、今日を築いた。

 彼にはさまざまな噂をまとうが、タレントを見極める目は確かなものがあり、それは万人が認めるところだろう。

 ちなみに、喜多川はめったに所属タレントを褒めないことで有名。かつてSMAPが紅白のリハで『夜空ノムコウ』を熱唱した際、現場にいた喜多川に褒められ、メンバー全員が顔を見合わせながら「褒められた!」と驚嘆の声を上げたと言っている。

◆ジャニーズJr.情報局……デビュー前のJr.のファンクラブ的存在であり、情報があるときのみ、入会時に送付したハガキにデーターをプリントして送るというシステムをとっている。

◆ジャニショ……ジャニーズショップの略。現在は東京・原宿、大阪・心斎橋、京都・嵐山、名古屋・東桜町、福岡・天神の5箇所に店舗がある。ジャニタレの写真やうちわ、雑誌など公式グッズは、これらのショップでしか入手はできない。修学旅行シーズンは地方からの学生で大賑わい。

 かつて求人誌にショップスタッフ募集の案内が掲載されたこともあったが、非常にそう言ったケースはまれで、近年ではインターネットで求人募集の案内が出回ることが多い。

◆ジュリー藤島……ジャニーズ事務所の副社長であるメリー喜多川の娘で、ジャ二ーズエンタテイメントの社長。藤島ジュリー景子。

 かつてタレントとして活動し、『3年B組金八先生』の第1シリーズに出演した経歴を持つ。現状、彼女がジャニーズ事務所を引き継ぐのは間違いないと言われるキーパーソン。

◆城H(じょうホール)……大阪城ホール。

◆職人系ユニット……秋山純、町田慎吾、米花剛史、屋良朝幸からなるMA(ミュージカルアカデミー)、バンド形式ユニットFIVEなどの総称。

 FIVEは、ジャニーズのコンサートのデビュー組のバックバンドを主に務めなど、重要な役割を果たしている。2006年は渋谷すばるwith大倉バンド2006のバンドとして大注目を浴びた。

 とはいえ、こうした職人系ユニットの一員になることが、Jr.たちの最終目的ではない。そのため各々、悩みも多いようだ。結局、彼らが一番恐れているのは、バックダンサー集団、バックバンドとして扱われるのが普通になってしまうことだ。

 かつては「ゼウス」(川野バンドの前身)。松本、生田のB.I.G.のバックについたB.B.A.など、結局残るのは魅力ある個人だけで、ユニット自体はいつの間にか消えてなくなってしまう。いつまでもバックをやるんなら、機会をみて辞めよう。そう思うのが自然なのだ。

◆SHOCK……堂本光一が座長を努めるミュージカルのタイトル。ジャニタレが脇を固めることから、ファンにとって見逃せない公演のひとつだ。

 ジャニー喜多川氏による原案・脚本・演出で、91年に少年隊が取り組んだ『PLAYZONE』をベースにしている。チケットは通常のコンサートより値段がはるが、非常に人気が高く、かつてチケット倍率が24倍を記録したこともある。

 毎年2月に帝国劇場で開催が、基本。06年についに公演回数が400回を越えた。08年は1月から全76公演の予定。光一のライフワークとなりつつある。

◆シンカン……新幹線のこと。

◆シンメ……シンメトリー(symmetry)の略。ジャニーズでは特にJr.の並びに対して使われ、バックダンスなどで、左右対称になる人物を指す。

 たとえば、KATーTUNであれば亀梨&赤西、中丸&上田、田口&田中といった具合である。見た目とバランスを考え、ほとんどが身長で選ばれているという話もあるが、当然、人気の度合いも考慮されているだろう。

 ただ、NEWSの場合は山下が単独でスポットを浴びるケースが多く、J.J.EXPRESSなど奇数の人員で構成されるユニットも明確にシンメを断定しにくいといった傾向もある。

ジャニーズオリキ用語についての完全データは、『ジャニーズイミダス』(鹿砦社)に網羅されている。ファンはぜひご一読いただきたい。

【同書の目次】
第1章 所属タレントプロフィール
第2章 ジャニーズ事務所・タレントの事件簿
第3章 所属タレントの熱愛遍歴
第4章 リリース
第5章 CM出演歴
第6章 テレビ出演
第7章 映画出演
第8章 用語解説

【本書に登場するジャニーズタレント】
近藤真彦、内海光司、岡本健一、佐藤アツヒロ、大沢樹生、少年隊(錦織一清、植草克秀、東山紀之)、SMAP(中居正広、木村拓哉、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾、森旦行)、TOKIO(城島茂、山口達也、国分太一、松岡昌宏、長瀬智也)、V6(20th Century/坂本昌行、長野博、井ノ原快彦、Coming Century/森田剛、三宅健、岡田准一)、KinKi Kids(堂本光一、堂本剛)、嵐(大野智、櫻井翔、相葉雅紀、二宮和也、松本潤)、タッキー&翼(滝沢秀明、今井翼)、NEWS(小山慶一郎、錦戸亮、山下智久、増田貴久、加藤成亮、手越祐也)、テゴマス(増田貴久、手越祐也)、関ジャニ∞(横山裕、渋谷すばる、村上信五、丸山隆平、安田章大、錦戸亮、大倉忠義)、KAT-TUN(亀梨和也、赤西仁、田口淳之介、田中聖、上田竜也、中丸雄一)、Hey! Say! JUMP(Hey! Say! BEST/薮宏太、高木雄也、伊野尾慧、八乙女光、有岡大貴、Hey! Say! 7/岡本圭人、山田涼介、中島裕翔、知念侑李、森本龍太郎)

【参考図書】

『ジャニーズスキャンダル調書』(鹿砦社)

『ジャニーズ恋愛相関図』(鹿砦社)

『ジャニーズイミダス』(鹿砦社)

『ジャニーズの歴史 完全保存版』(鹿砦社)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック