胎児の性識別キット

高齢・前置胎盤でも次の出産をあきらめないで!」の「胎児の性別予想キットがあるそうです」という記事から引用します。

アメリカの薬局では、妊娠l0週目で、胎児の性別が分かる尿検査キットが販売されているそうです。

倫理的な問題が指摘されるこの性別予想キットについて、米CNNニュースが実態をリポートした。CNNによると、このキットを販売しているのはテキサス州の「インテリジェンダー」社。特許の関係から同社は使われているホルモン、または化学物質の成分を明かしていないが、尿検査を行うと10分以内におなかの赤ちゃんの性別を予想できるとか。試薬が緑になれば男児、オレンジなら女児でその確率は80%ほどだという。
 もっとも、同社ではこのキットを性別診断用とはせず、識別の保証もしていないが、世界中では男児優先の堕胎も行われているのが気になるところ。すでに、世界11か国で販売され、米国では5万個以上が売れたという。

インターネット時代なので、我が国にも普及の可能性はあるとブログでは指摘しています。

科学の発達は大事ですが、どういう価値観で使われるか、という倫理も合わせて発展して欲しいですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック